築30年を超える団地の一室をリノベーションした作品です。

 

コンクリートの壁に囲まれた各室は最上階にも関わらず薄暗くて狭さが感じられました。

また、水廻りの印象が悪く特にお風呂は形状が細長いため小さなユニットバスしか入らない事に強い不満を感じていました。

日中は電気を使わなくても生活ができるような明るい空間、明るいお風呂、そして動きが出てきたもうすぐ1歳になる子供が楽しく安心して暮らせる家にしたいという希望を受けて設計をはじめました。

構造上、各室のスペースを広げることは難しいので広く明るく見せる工夫を考えました。

間仕切りを最低限とし、キッチン周りの間仕切りはコンクリートの躯体開口と高さを合わせることで天井がつながり空間が広く明るくなりました。また水廻りの間仕切りをガラスとすることで奥まった水廻りがとても明るく開放的な浴室となりました。照明はペンダントを連続的に配置することで全体的な広がりを創出させました。

場  所:神奈川県都筑区

主要用途:専用住宅

延べ面積:77.70㎡

施  工:M-CUBE

竣  工:2015年8月

撮  影:鳥村鋼一写真事務所